スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の輝きを手に【最終章】赤魔道士/召喚士編

駆け足で参りましょう。
最後に残ったのは後衛2ジョブです。

■赤魔道士
赤魔道士は難関と言われてたので、慎重を期してLv70まで上げました。
ほとんどの攻略記事がLv70をベースにしていたもんで。
装備はこんな感じ。

メイン:各杖(NQ+HQ混じり) サブ:B 遠隔:ファントム
頭胴手脚:AF 首:スパイダー&エレメンタル&エンハンス(すべて借り物)
耳:モルダバ+モリオン 指:賢明x2 背:ブラック+1 腰:ペニテン 足:種族

基本AFです。その他は適当に有り合わせで。

突入したらおもむろにダッシュ、スリプルで寝かせて、
コンポージャー・・・と思ったらコンバート使ってしもた!!
ここで超あせったものの、マートがスリプルをレジらないことをいいことに、
スリプルIIで寝かせてなんとか強化とMP回復を済ませ、連続魔エアロIIIを連打。
マートが連続魔を使ったところで一回寝かせ、
バイル+1を飲み、またエアロIIIを二発くらい入れたところで無事マート降参。

冷や汗かきました。コンポージャーとコンバートのマクロ隣に置いとくのは絶対ダメ!

■召喚士
アスフロモンガーで大変お世話になったので、その思いを込めて一番最後に。
とっくにLv75になっていたものの、スキル上げをちょいちょいしかやらなかったので、
最後にまとめてえいっとやって、なんとか197までアップ。
これで挑みます。

装備は全身イギト。履行するときだけオステアローブに着替えます。
Lv75なら楽勝だろう!と思ってたんですが、
攻略ページを読み取り誤り、初回失敗しちゃいました。

まず最初、マートに神獣の攻撃>すかさず70履行したために、
マートのペットが私に攻撃をしかけてきて、
マートのアスフロが私に直撃、即死でした。

この反省さえしてりゃ余裕でした。

マートのペットがリヴァイアサンだったので、同じくリヴァイアサンを召喚、
アスフロしてMP消費を0にした上でマートに神獣の攻撃をして様子見。
10秒ほど見守って、タゲを十分確保した状態で70履行をドン。
マートやペットがこちらを殴りにくることはありませんでした。

このまま放置してBC入り口まで逃げ、ペットのHPゲージが消えた瞬間、
リヴァイアサン(水)の強属性であるラムウ(雷)を呼び出し、
マートに神獣の攻撃。ペットが近づいてきたところでジャッジボルトどん!
これでマートは降参。無事クリアできました。

■というわけで
マートに買ったことが最初の限界超えのときにしかクエリストに載らない謎クエ、
全部倒しきったか不安でしたが、マートに話しかけたらイベント開始でほっとしました。

お決まりのイベントの後、無事にゲットできました!!ヽ(´ー`)ノ

マートキャップ(σ´∀`)σ

ようやくですよ、ええ。
マートキャップを一番使いこなせるのはシーフだ!(ダンス的に)と思ってたので、
いよいよここから私のシーフ第二章が始まりますよ。
ふふふん。

ちなみに、第三章はマンダウかな?いつのことやら・・。
スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

星の輝きを手に ナイト/狩人/暗黒編

相方が先にマートキャッパーになってしまいましたが、私も負けてられません。
一応、全ジョブ66を超えた状態になっているんですが、
とりあえず前衛を先に片付けてしまいます!

■ナイト
ナイトは昔々、メインジョブにと思ってた時期があって、
まだ不意だま時代ですね、オートリフレシュもシールドマスタリーもなかった頃、
67まで上げてたんです。
しかし、その献身的でルーチンワーク的なナイトの仕事に疑問を感じて、
現在の自己満的なシーフへ転身してしまったわけです。

そんなナイト、一通り装備が揃ってたので、準備は簡単。

メイン:マフアクティル+1 サブ:タワーシールド 投てき:ビビキー
頭:AF 首:剣侠 耳:マーマンx2 胴:ジョン 両手:AF 指輪:ラジャス&ジェリー
背:アメマン 腰:バチュオソ 両脚:王国戦績品 両足:マリン

強化かけてペルオレ飲んで突撃、開幕ボーパル。
あとはちまちま削って、様子を見ながらパウダーに履き替えて、
インビン使ってきたらバッシュ>パウダー>逃げ。
インビン切れた頃を見計らって殴り再開。
TPが溜まったんでボーパル撃ったら勝ててました。
インビンもイカロスも無し。余裕でした、さすがナイト、ずるい。

■狩人
狩人66。昔、LSリダがかなり苦労してたんで、かなりビビッてましたが、
やるしかない!と意を決し、突撃。

メイン:ファイアスタッフ サブ:ローズ 遠隔:フォースガン 弾:シルブレ
頭:姫帝 首:ヤクト 耳:ドローンx2 胴:ジャリダ 両手:ジャリダ 指輪:スコピオ+1x2
背:アメマン 腰:必中 両脚:ジャリダ 両足:マリン

ご覧のとおり、AF取ってません。
フォースガンは過去バス戦績品です、バスでもらってきました。

ブリンクバンド+ストスキトルクで固めて、オポ昏で200まで貯め、
ベロシティ>狙い撃ち>乱れ撃ち>スラッグ>射撃(乱れ)>イーグル>スラッグ
であっさり勝てました!イカロス無し。
なーんだ、余裕なんじゃん。マートのイーグルはちゃんとブリンクでよけたし。

■暗黒騎士
調子に乗って暗黒いっちゃおーと、66で突撃してきました。
これもAF取ってません。暗黒はあんまりよさそうじゃないし。

メイン:ダークサイズ サブ:ローズ 投てき:ビビキー
頭:ボイジャー 首:剣侠 耳:マーマンx2 胴:ジョン 両手:種族 指輪:ラジャス&ウルタラム
背:アメマン 腰:バチュオソ 両脚:王国戦績品 両足:マリン

ナイトとあんまり変わりませんな。戦術もほぼナイトと変わらず。
開幕にドレインII>アブゾースト>クロスリーパー。
ギロを使わないのは、マートを静寂にさせないためです。
暗黒魔法はダメがないのが多いしね、使ってくれた方がいいのです。

頃合を見てパウダーを履き、マートのブラポンとともにパウダーで逃げ。
ブラポン切れたのを見計らって暗黒&ブラポンで殴り、
ちょい危険だったのでバイルを飲み、あとは殴ってたら終了でした。
もっと暗黒&ブラポン使ってたらバイル使わずに済んだなぁというところ、
これも余裕でしたね、意外と。


さて、残りはあと赤と召喚のみ。
今日か明日には私もマートキャップをかぶるぞー!!ヽ(`Д´)ノ

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

白魔道士で挑む「星の輝きを手に」

アスフロモンガー育ちの箱入り白魔がついにLv67になり、
そろそろマートに挑戦しよう!と決め、情報収集から。
Lv70のキャップをLv75に引き上げるためのクリア条件が回復量とか言われる中、
マートキャップ目的の場合、その条件がどうなってるのかいまいちわからず、
巷のブログでは殴り倒したのばっかり。
それも、Lv70になって、ブレスドのヘイスト装備が充実してから、とか、
いまいち参考にならない。

とりあえず片手棍スキルを上げるべ、と、
白魔並みにスキルが高い青魔Lv75で各地のカニとせっせと殴りあい、
数日かけて100ちょいからヘキサ習得レベルまでアップ!
せめてヘキサは最低ラインだよね~と、気持ち的にはもう勝ったムードに。

海蛇産の証を手にギデのBCへゴー。
持参品はいつものオポ昏、ブリンクバンド、バイル、バイル+1、ヤグドリ、イカロスと、
殴り倒す気満々でスタート!
まずはTPを100まで貯めて、あらゆる強化後、マートに弱体やらなんやらを入れ、
ブリンクやストスキがはがれたのを確認してヘキサ!
これで女神の祝福を引き出して、あとはちまちま削るべし・・・と思ってたのに、
ちっとも祝福してこない・・・削りが圧倒的に足りない・・・。
それに対してマート先生はボコスカと1発100以上のダメージを連発してきて、
かーるく倒されちゃいました。

う~ん、Lv67じゃダメかなぁと半分あきらめつつも、
さらに人のブログを読み漁ると、どうやら本当のクリア条件である、
「マートのヘイトに乗ってから5分間耐える」は、
マートキャップ目的の方でも有効らしく、
Lv66でもわりと楽勝とのこと。なーんだ。

というわけで方針変更。
土杖+ジェリーリング+パトローナスリングで被物理ダメカット+27%にし、
あとはそれなりに防御力の高めな装備を寄せ集め、
タコスを食って、完全に守りの姿勢で再挑戦だっ。

相方からは「立ち止まって回復に専念したら?」と助言されつつも、
それでも走り回って、マートの魔法詠唱中に距離が開いたり不発になるのを狙います。
途中、回復にしくじって、あと1発で死ぬ!というときに祝福が間に合って、
それ以降はソラスケアルのストスキもうまく活用しながら5分間逃げ延び、
なんとかマート先生のお墨付きをいただきました!
たぶん、立ち止まって回復に専念した方が安定してたと思いますが、
まぁ、楽しかったからいいのだ!

これで残りジョブは赤ナ暗狩召の5ジョブ、
この中でもナイトはすでに67、召喚は72なので、やれば勝てそうな状態。
上げなきゃならないジョブは赤暗狩の3つに絞られました。
いよいよ終盤ですねぇ。
赤と狩は限界が厳しそうなので、終盤の締めにうってつけですな。
気を引き締めて頑張ろう!!

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

戦士で星の輝きを手に

アスフロモンガーのやりすぎにより、
両手斧スキルが真っ白のままLv68になってしまった戦士。
そろそろマート戦だなぁと思ってたので、
相方に全面協力してもらって、スキル上げからスタート。

両手斧なんて、本当に本当の昔、
サポ上げとして振ったころ以来なんで、実に数年ぶり。
100ちょいからスタートして、
ブンカール/ボヤ/ゼオルムのカニを渡り歩き、
スキル上げに費やすこと3~4日、
ようやく222まで上げることに成功しました。

それにしても、久しぶりに行ったゼオルムのカニスポット、
以前はレベル上げのメッカだったはずなのに、
だーれもいなくて、それどころか、
ゼオルムをサーチしてもれべらげPTぽい人たちが一人もいませんでしたよ。
MMM駆除課の功罪というか、ちょっと寂しい限りですねぇ。
まぁ、あの取り合いの殺伐とした感じから解放されたのはいいかな。

それはさておき、いよいよマートです。
スキル222と言えば、Lv68どころか、まだ60台前半くらい。
それなので、両手斧はいいものを競売からレンタルしようと思ったら、
まったくいい両手斧が出品されていない!
統合直前だからなのか、普段からこんなのはわかりませんが、
しかたないので、上から順に見ていって出品されていたコロッサルアクスをチョイス。

こんな装備で挑みました。

メイン:コロッサル
サポ:ミスリルグリップ+1
投てき:ビビキー
頭:ボイジャー
首:剣侠の首鎖
耳:マーマンx2
胴:ジョン
手:種族
指:ラジャス+ウルタラム
背:アメミ
腰:スウィフト
脚:サンド戦績品(Lv55のやつ)
足:上級種族

食事はクァールサンド、オポ昏でTP150まで貯めて、ペルオレを飲み、
ブリンクバンドを使った後、リタリエーション、アグレッサーをかけて突撃。
1発目からいきなりスカったときはあせりましたが、
数発殴ったらもうマートのHPが2割くらい減ってたので、
バーサク→マイティ→レイグラ→イカロス→レイグラ→分解発生
で一気に仕留めました。

一発クリアヽ(´ー`)ノおめあり

レイグラで1000ダメ以上出てくれたので、
最後の分解で600くらい上乗せになり、
じじぃのマイティをおそらく1発食らったくらいで終了でした。
やる前は、マイティ発動されたらパウダーで逃げようかとか考えてたけど、
まったくそんな心配は無用でした。
バイル、バイル+1まで用意してたのに、ペルオレすらいらなかったくらい。
戦士は簡単ですなぁ。

というわけで、またひとつマート制覇ジョブが増え、
残りジョブ数は、えーーっと・・・、10ジョブです!!
多すぎる・・・。
とは言え、上げなきゃならないジョブは白赤暗狩の4つだけ。
上げなきゃならないスキルは片手棍だけなので、
だいぶゴールが見えてきたのかな~。

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

お使いの報酬

主催様のご好意により、またまたお誘いいただいた週末プロM。
今回はいよいよ海編です。終盤です!

といっても、私が来週からの旅行に向けて美容院で人生初のパーマをかけてる間に、
相方がアル・タユでやるはずのアーンNMとか地図取りとかやっていて、
私が合流したのは2回目の護衛あたりから。

この辺はきっと、ひとつひとつの言葉を紡いでいくと、
『なぜアル・タユは滅んだのか』が徐々に理解できるようにしてあるんだと思うんだけど、
二回目ともなると単に不自由な言葉でポツポツ話すもやもやに過ぎません。
ショートカットするわけにもいかないし・・・。
のんびりと付き合います。

ここで一旦パーティをばらし、各自行動。
種族の塔(ヒュム=ヴァズの塔)は白と相方の赤で全部寝かせて楽々クリア。
4体の壷が感知するトラップ部屋は、一回死んだものの、
次以降はうまくすり抜けることができて、ふたつの印を無事ゲット。

ふたたび合流して、いよいよ壷BC。
主催が「ここはヤバイよ」とさんざん強調します。
たしかに前にやったときにだいぶ苦労させられたような気がするので気を引き締めます。
構成は、忍戦学黒赤白。
学者がサポ黒で印範囲化スリIIで開幕寝かせ、
あとは黒プガII>赤プガ>白プガでいきましょう、という段取りでいくことに。

初戦。
忍が突撃して全部を十分引き付けた頃合で、学のスリIIが・・、

精霊の印発動!!<call2>

むなしく響くCALL音。ピピーピピー、繰り返されます。
5回くらいした頃にようやく範囲化スリII発動。ん?寝てないよ。
タゲ取って学死亡。
しょうがないんで、あわてて黒が印プガIIとかいろいろ。
みんな浮き足立っちゃって、結局何もできないまま全滅でした。

みんなで地につっぷしながら排出まであれこれと反省会。
なんで印マクロが発動しなかったんだろうね~と話し合ってましたが、
なんとなく予想がついてたんですよね。
別パソでサーチして、やっぱりサポ白でした。
あれほど主催が「全員サポ黒で!」と強調してたのに!!ヽ(`Д´)ノ

まぁ、しょうがないので、プガの順番を入れ替えて、
赤プガ>黒プガII(上書き)>白プガの順に変え、学は精霊バンバン打ち込む役に。

二戦。
忍が引き付け、赤のプガがうまくいって、黒壷をガシガシ削り、
2Hrアビも使ってサクッと2体撃破。
その辺で黒の印プガIIが切れて、セカンドの印プガで白赤壷を寝かせ、
目が覚めたところで全滅して建て直し。
といっても、もう白壷のHPは1mmしか残ってなかったので、
再開時に忍が氷遁参で倒し、あとはみんなで赤壷を集中攻撃して無事クリアになりました。

主催の「ヤバイ」は、見事学がサポを間違えるという形で的中したのでした。

あとは最後のプロマシアはマラソンしながらおっかけてペチペチとやり、
なんともあっけなくお亡くなりになりました。
なんつーか、壷くらいの歯ごたえがあってもいいと思うんだ。

その後、長い長いイベントを見て、全国をあちこち行ったり来たりし、
無事タマスリングをいただきました。
セカンドは後衛で支援専門なので、迷いようがなかったです。
タマスはもう後衛が泣いて喜ぶ性能なので、お使いの甲斐があったってもんですよ。

結局、プリッシュは最後まで可愛くなかったなぁ。
その後のマウたん、リリゼットたんがあんなに可愛く仕上がっちゃってるので、
今比べるとその可愛げの無さはもうね、ガッカリ。
まぁ、しっかり脳内で補完してあげることにしましょう。

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。