スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーナ式の申し子

初めての子供が生まれて、11ヶ月が経とうとしています。
早いもんです。もうすぐ1歳の誕生日です。

寝姿

奇跡的にかわいく(親バカ)育ち、
なんだか赤ちゃんというよりはすでに「男の子」の顔立ちなのですが、
寝姿はもうたまらなくかわいいです。
もともとタルタル好きというか小さいもの好きなので、
毎日毎日小さなことで萌え萌えしています。

さて、生まれてわりと早く始めた「ジーナ式」ですが、
当初半信半疑であった奥さんも、その効果に気づき、
今や「ルールを守らないと!」と完全に心酔しています。
二人目がすでにお腹にいるので、その子もジーナっ子になる予定。

1年近く経ち、初めての子育てにして
「あぁ、ジーナ式やっててよかった」と思えることが多いです。

・望んでいることが読めるようになる

 子育てで一番悩むことって、「何で泣いているのか」がわからないことのようです。
 こんなに楽ちんな息子でも、奥さんからは「何で泣いているのかわからないときも
 あり、そんなときはとても悩む」と先日告白されたばかりです。

 それでも大概が「甘えたい」「眠い」「暑い」「オムツが嫌な感じ」
 「思うようにやれない」の5パターンで判別するようになりました。
 眠くなる時間をもコントロールしているジーナ式としては、
 今「眠い」で泣いているのかは時間帯でだいたいわかります。

 歯が生える時期にはこれに「歯がうずく」が加わってきて、
 夜中目が覚めて泣き出す行動が出てきますが、期間限定です。

・寝つきがよい/寝続ける

 子育てでもっとも体力を消耗するのは、寝付かせることだとよく聞きます。
 母親がノイローゼとかになったりする話もよく聞きます。

 息子は寝る時間がコントロールされていて、
 それに向けての行動もパターン化されているので、
 「わりと」簡単に寝てくれます。
 まぁ、「わりと」なので、もちろん毎日こてっと、とまではいきません。

 10ヶ月目くらいまでは結構こてっとでしたが、
 最近はお別れが名残惜しくてしばらく泣いたり、追いかけてひざ立ちしたりすることもあります。
 それでも、部屋を真っ暗にして布団をかけ、
 バイバーイといって部屋から出ると、
 少し「うぇ~ん」と声を上げた後、枕に敷いたタオルに頬ずりして気持ちを落ち着かせ、
 あっという間に眠りに落ちてくれます。

 ここ数ヶ月のパターンは決まっていて、
  7時 起床
  午前中  30分程度軽く仮眠(眠くなさそうならスキップ)
  12時過ぎ~14時過ぎ お昼寝
  19時 就寝
 という感じです。12時間睡眠!うらやましい。
 というか、夜は夫婦フリーの時間になりますので、
 この間にオススメをしたりしています。

 「子供が生まれたらえふえふなんて当然無理」と豪語していた奥さんも、
 メインの彫金師範、セカンドの鍛冶師範・ダウルを達成したりしてます。
 まぁ、VWは全然進んでないですけどね。

この二点はジーナ式の教本にも繰り返し挙げられるポイントで、
ジーナ式実践者も効果として必ずよかった点として挙げる効果ですが、
その効果は我が家でも体感することができました。

二人目が生まれるのを前に、特に奥さんは不安を抱えているのですが、
会話の中にも「夜は大丈夫だけど」という会話が当たり前に出てきて、
あぁ、ジーナ式にやられてるな、と思う今日この頃です。
スポンサーサイト

テーマ : 初めての妊娠・出産・育児
ジャンル : 育児

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。