スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母乳とミルク

息子は主に相方の母乳で育てています。
入院中はまだ相方の母乳の出が少なかったこともあって、
ミルクがほとんどだったそうですが、
今では母乳があふれるほど出るようになったそうです。

ただ、息子の欲しがる量の増え方の方がどうも上回ってきたようで、
チュウチュウと音を立てて吸っているのに油断していると、
少し経って「まだ足りないよぅ!」と泣き出したりします。
母乳の補充が追いついていない様子。
しょうがないのでそんなときにはミルクで補っています。

息子が産まれるまでは、ミルクを作るときって
デカイ缶の中に粉が入っていて、
計量スプーンですくって水を入れて溶かすというイメージだったのですが、
今はカロリーメイトみたいな固形になっていて、
40mlの水にどぼんと入れればOKになっててとても簡単でした。

ミルクは人肌の温かさがよいとされていて、
病院では、哺乳瓶をポットのお湯を注いだ湯呑みに浸けて
温めるよう指導を受けていたようだったのですが、
私はポットが嫌いなので当然持ってないですし、買いたくない。

ならミルクの都度お湯を沸かすしかないんですがそれも手間。
考えたあげく、哺乳瓶の水をそのまま電子レンジに入れて
温めるという荒業に打って出ました!
相方は病院と違う方法をとることに激しい拒否反応を示していましたが、
なだめすかしてまずはやってみようと。
うちのレンジはわりと新しくて、
飲み物を指定温度にしてくれるので、
その機能を使って35℃に。
買っておいたベッタという斜めの哺乳瓶が耐熱ガラスだったので、
都合よくそのままいけました。
そして簡単!今では相方もこの方法です。

テーマ : 初めての妊娠・出産・育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

なんと!

でも、産院でも粉ミルクを溶かした水を温めるだけで、
ミルクを煮沸してたわけではないですし、まぁ、いいかな、と。

少しくらい細菌にさらされて、免疫もつけないと!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。