スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宮参り

先週日曜は息子の生誕1ヶ月ちょいと大安が重なったので、お宮参りに行ってきました。お宮参りなんてやるまでさっぱりわかりませんでしたが、終わってみればなんてことはない、神主さんに詔(みことのり)を唱えてもらって、赤ちゃんの健やかな成長を祈念するだけなんですね。

お宮参りに行った場所は横浜熊野神社です。お宮参りは氏神様の奉られているところに行くらしいので、神社庁のHPとかで調べて近そうだったのと、やけにHPに力が入っててちゃんとしてそうだったので。ただし、残念ながら本物はHPに完全に負けてしまってます。狭い敷地にポツンと1件建っているしょぼい神社でした。若い神主さんが二人、あからさまに予約が入ったからここにいるけども普段は無人なんだろうなぁという雰囲気醸してました。

予約はメールでやり取りしたんですが、そのメールアドレスがGmailの時点で、ここのしょぼさに気づくべきでした。HPでは祝い着のレンタル無料と書いてあったので、現地でそんなタイミングがあるのだろうと思ってたんですが、まったくなし。おそらく予約入れるときにきちんと宣言しておかなくちゃいけなかったんだろうと思ったのは時すでに遅し。

まぁ、そんなこんなちとがっかりなお宮参りになりましたが、お祓いしてもらったことには変わらないので、お子様イベントクリアです。次は御食い初めかな。

ところで散々迷った初穂料の書き方についておさらい。のし袋は市販されているものには初穂料と書かれているものはおそらくないので、無地のものを購入。そこに筆ペンでしっかり大きな文字で書きましょう。少し小さな文字になってしまって、みすぼらしくなってしまいました。下半分には子供の名前をフルネームで記入。で、本当は次に中の封筒の裏に金額を書くのですが、安物ののし袋だったので中の封筒は無し。悩んだあげく何も書かないことにしました。この辺は特に問題になる箇所ではないですね。初穂料を渡すタイミングですが、神社の建屋の中に招かれ、私と息子の氏名を記名するのですが、そのときに「あわせて初穂料をお納めください」と促されましたので、わかりやすかったです。すぐに渡せるように、スーツの胸ポケットに入れておくといいでしょう。

すべての儀式が終わると、絵馬とお守り、それに御食い初めセットをもらいました。お守りはいいとして、絵馬はどうしたらいいんでしょうね。とりあえずうちに飾ってますが、何か書いてどっかの神社にかけてくるのかな。

お宮参り

テーマ : 初めての妊娠・出産・育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。