スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅蓮の桂化木は誰がドロップする?

メナスケイザックのだいじなもの取りが終わったので、次はモリマーをやろうと思ってるんですが、ケイザックと比べて桂化木の値段が高い!20万してます。

まぁ、こんな額はリキッドを少しでも主催回収にすれば取り戻せてしまうのですが、ものは試しと現地まで取りにいってきました。
狙うは紅蓮の桂化木です。Wikiや用語辞典によれば、対象エリアの雑魚がドロップするそうですが、果たしてどの辺にいる誰なら落とすのかわからない。素直に信じるなら、エリア全域で誰でもドロップするということになりますが。

全域でやるのは無理なので、Fビバック#1の西側広場で主にチョウチョ、ラプトル、トカゲ、マンドラを狩ってみました。ここいらの敵はとてばかりなので、シーフソロでは高確率で死にます。暗黒ソロでカタス有りでもだいぶ危険。シ暗ふたりなら連戦できる、といった具合です。シーフではだいぶスカるので、安いスシでも食べた方がよさげでした。

えふえふ休止前は4アカ(ふたり×2アカ)でサブアカにそれぞれ白と詩赤を担当させていたので、メインの後衛はレベルも装備もだいぶ昔のまま。現在のえふえふ事情では2アカを復帰させなくても十分遊べるので、リアルマネーの節約のためにも当分は前衛のみで死線を越えるのですよ。

成果は、2時間弱でドロップがふたつだけでした。倒した数は少ないですが、渋めの印象。ラプとチョウチョがドロップ。強さに違いはないので、やっぱり誰でも低確率で落とすのでしょうね。桂化木以外にも欠片がポロポロとドロップしてました。これはどの敵がどの数字の欠片を落とすのか決まってるんでしたっけ。後半は一番倒しやすいチョウチョをメインにやってたんですが、ドロップのほとんどはⅢだったような気もします。

これでモリマー地下に2回は突入できる準備ができましたので、次回はだいじ取りとメナポですよ。

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。