スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTLでオロボンNM

行きたい行きたいとは思ってたんですが、なかなかタイミングが合わずに行けずじまいだったエヌティエル武器解放のオロボンNMに参加してきました。

主催はこちらが一方的に知ってるツワモノの方。昔半固定サルを主催(本来の主催がいきなりインしなくなったので、やむなく継いだ)してたころに、補充として何回か参加してくれたり、マタマタメナポにも参加してくれたことがあると思います。相手は数いる主催のひとりとしか思ってないと思いますが、主催は結構参加者の方のことを覚えてるもんですよ!
敵はエヌティエル水林のオロボンNM、Nerrivik。最も気をつけるべきは序盤のメイヘムランターンでの集団魅了。主催さんはこれまで開幕のこれで何回も失敗してるらしく、スタン役とかモンクもタックルとかで何とか止める作戦。頭の提灯が壊れると使わなくなるので、それまでの辛抱です。学者はTP技に赤線スタン、ガ系にもスタン、暗黒は交代でスタンという感じで壊すまでは止めまくれ!という感じに決めてましたが、あっさり開幕ランターンでアウト。あうち。反省してみんな目の色が変わった2戦目は無事破壊出来てようやく本番です。

ここから雑魚かといえばそうではなくて、デスナッシュでHP二桁化し、他のTP技でも悪疫、スロウ、麻痺と嫌な技オンパレード。悪疫の治しが行き届かず、暗黒のMPが悪疫ですぐに底をつきる状態。WSも撃ちにくいし、もしかするとこれは、前衛をひとりふたり減らしてでも悪疫担当のヒーラーを入れた方がいいのかもしれません。

20分以内に削りきれるか?というところでしたが、主催さん曰わく「さすがメナス前衛だけ集まっただけあって、削れてる!」とのこと。これまでパワー不足で削り切れない失敗もあった模様。主催泣かせなアンコウだな!HP2割くらいかな妙に暴れ出し、前衛が1/3くらい死んでしまうちょっと苦しい展開になりましたが、1hアビも駆使して無事撃破ですよ。【やったー!】

リキッドを1個もらえたので、「なんでこんなんに付き合わなくちゃ」とぶーたれてた相方のご機嫌取りのために献上。どうやらお許しをいただけたようです。ふーっ。自分はアドゥリンに戻って早速交換ですよ。

エイフォトククリ:D91 隔200 STR+6 命中+18 回避+10

なんか制汗剤みたいな名前の武器ですが、パワフルには違いないのです。強化ルートはさんざん悩んだ挙げ句、typeAにしましたよ。2段階強化して攻+8 命中+4です。ググるとほとんどのひとが回避ルートであるtypeCにしているようですが、

・メナスランクに回避上げようがどうせ避けない
・メナスランクでそもそも盾することがない
・メナス以外ならすでに回避できてる
・相方が暗黒である以上、タゲ取れないと盾もできない

などで攻撃重視です。エクゼンテレター打つならAGIでしょ?と思うかもしれませんが、MAXまで上げるかも不明だし、MAXまで上げてもたかが10。それなら攻撃上げた方がダメ伸びるのでは?という思いもあります。

そもそもエクゼン撃つのか?という問題も。まず多段WSである以上DEXや命中を気にしなくちゃならないのにAGI補正は非常に相性が悪い。メインにエイフォト持つといたらサブはマンダウですが、マンダウの攻とか時々三倍撃とかがサブでは発動しなくなるのはもったいない。しかもマーシーは単一WSなので不意ダマと相性抜群。アフターマスもつく。WSダメアップもついててどうやら不意エクゼンとダメトントンのようなので、もろもろ考えると、

メイン:マンダウ
サブ:エイフォトククリ

で決まりですな。ならばやっぱり攻撃ルート一択です。ここまで考えてのtypeAです。後悔なし!今さらAGI装備集める必要なくてよかったー。

さて、アンブラルマロウをどうしようか…。

テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。